夏の来客

虫嫌いの人はゴメンナサイ!!

今年も我が家のベランダの柑橘系の木にお客様がきました。

この木は、何年か前に空いていたプランターに夏みかんか八朔か忘れました
が、食べた後のタネを置いといたら出てきました。

c0052074_17384837.jpg


花も咲かず、実もなりそうにないので、切ってしまおうと思っていたら、
↓の青虫君がやってくるようになりました。
c0052074_1739278.jpg


実は私は、東京は渋谷の生まれの渋谷育ち。 
虫と言うものをあまり見たことがなかったので、ビックリしました。

このベランダにはいろいろな虫が来ます。 クモ、カマキリ、ムカデ、
コオロギ、しゃくとり虫とかげ・・・・


虫に慣れていなかった私は、毎日ベランダに出る度に、「ギャアー~~ 助け
てエ~」と叫んでいました。


ナナフシというものを見たときは、頭が取れたカマキリが歩いていると思い
全身が鳥肌となり、しばらくベランダに出られなくなりました。

でも慣れてくると結構、かわいいやつもいると思えるようになりました。
虫の知恵には感心してしまいます。

枯れ枝だと思ったら、手足をたたんだクモだったり、しゃくとり虫がれ枝そっ
くりの格好をしていたり。

女郎蜘蛛は黄色のストライプが美しいですが、クモの巣も他のクモに比べて
美しいですね。  意地悪して、巣をを壊しても、翌日にはまた美し~い巣
を作っています。 
いやー  働き者で良い仕事をすると思いました。

この 青虫君は、 葉っぱを食べる時、実に規則正しく端から食べるんです。
そして食べる時、ムシャムシャと音がします。 この位の大きさになると
そろそろさなぎになって、 そして美しいアゲハ蝶になるんですね。

木を覚えているのでしょうか、 毎年 やってきます。
でもまだ、いつ さなぎになって、 いつ孵化するのか 観察できていません。

ベランダ菜園を作りたいので、いらないものは棄てたいのですが、青虫の
エサを失くしてしまっていいものか、毎年悩んでしまいます。 

多分来年も切れないだろうなー。
[PR]
by Ankaracat | 2006-08-13 21:58
<< 夏休み~ 大切な同僚 >>