カテゴリ:未分類( 95 )

Photo グループ展

皆様 お久しぶりです。
お知らせもなく、ブログもしばらくお休みをしていました。
コメント頂きながら、コメントのお返事をしていなかった、Yukiさん、Yokocanさん、
さとさん、zuppinaちゃん  ごめんなさい! 

ankaracatの目は大分悪化して、左目は物が歪んで見えます。
本を読んだり、PCをすると肩こり、頭痛がして気持ち悪くなります。
で、 来月 手術をすることになっています。


実は 今回 livingroomcafeのtoko先生のご指導のもと写真のグループ展に参加
させて頂きました。
そのメンバーの方から、早速にコメントを頂きましたが、古~いブログのまま。
他の皆様はとっても精力的にブログをUPしてらっしゃる。
こんな素晴らしい写真展に参加していながら、何もUPしないなんて。。。
これはいけない ブログをUPせねば~~! っと 2日遅れながらUPしております。
 
これは展示会の案内版。
c0052074_11414963.jpg

 
そもそも、何故この写真展に何故参加することになったかと言いますと。。。
それは、一昨年Zuppinaちゃのブログ仲間の塔子さんの記事でtoko先生の写真のワークショップのことを知り参加したからでした。
昨年3回だけ教室に通い、その後は全くお教室に行っていなかったにも関わらず
声をかけて頂きました。

写真に全く自信がなかった私は、とっても迷いました。 それに 目も耐えられるか?
実は6月21日には、目の手術が決まっていて、最終日には、病院のベッドで、痛さで
唸っている予定だったのです。 
でも、最終日に搬出ができなくても、大丈夫とのことでしたので、思いきって参加しました。

自分のキリムの展示会よりも何故か とってもフプレッシャーを感じました。

日常の何でもないものが、写真に撮ることによって、活き活きと語りだす。。。
そーんなことが表現できればというのが、テーマ。
私に、そんな写真が撮れるのか?  作品が作れるのか?
案の定、ジャンル的にはちょっと違う感じの写真しか撮れなくて。。。
昨年か撮りためていた、横浜の夕景写真6枚をtoko先生に選んで頂きました。

作品展は世田谷区成城ににある、清川泰治記念ギャラリーで
c0052074_11543796.jpg

(ギャラリーに入られるtoko先生の後姿)

ギャラリーを入ると、正面にドーンとカラーチャート
c0052074_11561017.jpg

これ 迫力あります。  でも近くで見ると、とっても優しい写真ばかり。
最初に一人80枚位提出したポストーカードサイズの写真から、toko先生が
選んで、カラーごとに6枚づつ貼ったもの。 色選びのセンスに脱帽!
我が家の壁にも欲しい~~!!

このお部屋には、他に風景、静物、動物、現代アート風 モダンなジャンルの写真
写真に関係のカルトナージュ。
c0052074_120151.jpg

c0052074_123453.jpg


右側の部屋には、お花、優しい風景、ホットする情景の写真、カルトナージュ。
c0052074_1211164.jpg
c0052074_1213776.jpg

c0052074_1214876.jpg


そして一通り見ていただいた後jは、美味しいアップルティーと手作りのお菓子で
一休み。  ここでも写真やカルトナージュ談義に花が咲きます。
c0052074_1231813.jpg

(↑ 水彩画風に加工)   こんな写真展 他にはないですよねー。

毎日盛況で、合計400名以上の方がいらっしゃいました。
5月から作品制作に入り約2ヶ月間、とってもいい刺激になりました。
写真は、今でもあまり自信はないけど、これからも撮って行こうと思います。
見てホットできるような、優しい写真が撮れるようになりたいな。

目の手術も一ヶ月延びて、 打ち上げにも参加出来て ラッキー。

34名の参加者をまとめるって大変なことだと思う。
あくまでも さりげな~く、メールとブログで まとめあげたtoko先生は、凄いの一言!!
[PR]
by ankaracat | 2008-06-24 12:12

桜 満開

桜がすっかり満開になりましたー。
桜が大好きな私は、この季節は わけもなく ワクワクウキウキ♪
c0052074_22512024.jpg


それとともに、花粉症で季節の変わり目に弱い私にはつらい季節でもあります。

それに今年に入り目がかなり悪化し、PCを見るのがつらい状況。 
目からくる肩こりで頭痛がして、息苦しくブログも更新できない日々が続いていました。

そこで 今日は、新横浜駅に新しく出来たキュービックプラザの偵察とともに、
反対側の篠原口にある、S・K・Pという整体に行ってみました。

ここは凄い!!

顔の指圧をじっくりしていただきました。 顔をが凝っているなんて、初めてだったけど、
顔の左が固いと言われビックリ!  左目が悪いのです。

そして、どこを指圧しても、 超~~ 痛ぎも~~

筋肉を硬くしてしまうと、いろいろな疾病が出てくるとのこと。
お相撲さんは、沢山筋肉があるけど、とってもやわらかいのだそう。
とっても勉強になりました。

いままで、いろいろなマッサージや整体にかかりましたが、ここは一味違い
とっても良かった! 生きき返りました。 

あまりに気持ちが良かったので、 マッサージして頂いたMさんにブログに書きまーーす
と約束したのでした。
今日は熟睡できそうです。 おやすみなさい○○○

c0052074_22584327.jpg

[PR]
by ankaracat | 2008-03-27 23:00

zuppinaちゃん ご結婚おめでとう!♪  記念 愛の物語

皆様 すっかり ご無沙汰してしまいました。
昨年末には、マロンさん、ラッコちゃんからコメントを頂いていたのに、お返事もせずに
ごめんなさい!!です。

昨年12月に踏み切りで転んで、右手首を捻挫し手のひらにはヒビが入ってしまいました。
ドジなankaracatです。 でも今はもうよくなりました。

そして1月には親戚で不幸があったりして、あっと言う間に2月の中旬となってしまい、
またまた 「あー 確定申告~~」と叫んでいる いつも直前にならないと行動が始まらないダメなnkaracatです。


zuppina ちゃん&D君
ご結婚おめでとうございまーす
D君と 末長~く 暖か~く お幸せに!!


***お二人のご結婚を記念して企画された「愛の物語」 遅ればせながら
      私も参加させて頂きます。***

☆☆子供のころに本当にあったお話です☆☆

子供のころお隣の家で、二匹の犬を飼っていました。 二匹とも雑種の捨て犬でした。

最初に来たのは柴犬の雑種の雄のタロー 年齢は人間で言うと 初老といった感じ。

1年後に白いスピッツ系の雑種の若い雌犬が拾われてきました。 そのころ流行っていた
歌にちなんで「愛ちゃん」となずけられました。

♪♪愛ちゃんは タローの嫁に行った♪♪(古いですねー!!)

二匹はとっても仲良くなりました。 

ある日、お隣のおばさんが愛ちゃんをつれて買い物に出かけました。
スーパーの外に紐で繋いでいたのですが、何故かそれが外れて、買い物が終わって
外に出てみると愛ちゃんの姿が消えていました。

おばさんは 「愛 愛!」と呼びながら 周辺を探しましたがみつかりませんでした。

そのころの日本は、 保健所が野良犬狩りをしていました。
首輪をつけていても、放し飼いになっている犬は連れていかれてしまいます。
もしかすると、つかまってしまったのかもしれないと皆がっかりしました。

愛ちゃんが何日もいないので、タローはすっかり食欲が失せて元気がなくなってしまい
ました。 夕暮れになると「ワオ~~ン ワオ~~ン」と悲しそうに吠えます。

もしかすると愛ちゃんはどこかで生きているかもしれないと、皆で「探し犬」のポスターを
隣の町まで貼りに行くことにしました。

一ヶ月近くたったころ、なんと隣の隣の町の人が愛ちゃんをつれて訪ねてきたのです。
その人は 「うちの近くをうろうろしてまして。。。 最初は野良犬かと思いましたが首輪も
しているし、とっても愛らしいかったので、保健所に連れていかれたらかわいそうだと思い
家に連れてかえりました。  隣の町の友人がポスターを見て教えてくれたんです。 
遅くなってゴメンナサイ。 心配されたでしょう?」

隣の家の人は喜びました。 私も その時 その場にいて とっても嬉しくなりました。
タローは尻尾を振り飛び回って喜んでいました。

でもその隣の隣の町の人は言いました。 「実は家に雄のスピッツがいるのですが、
その犬と愛ちゃんがとっても仲良くなりまして。。。 愛ちゃんをお嫁に下さい!!」

皆ビックリしました。 でも、 タローはもう年だし、 愛ちゃんはスピッツの血が入っているし、
そのほうがいいかもしれないと思いお嫁に出すことにしました。

良かった 良かった 目出度い!  みんな喜びました。

でも、愛ちゃんがお嫁に行ってから タローは、 日に日に食欲がなくなって行きました。
隣の家の人は柴犬系の雑種の犬を貰ってきて、タローに会わせてみたりしましたが、
タローは元気になりませんでした。

そして、愛ちゃんがお嫁に行って一ヵ月後のある日の朝、 静かに天に召されました。

タローはおじいさんだったので、寿命だったのかもしれません。
でもタローの深い愛を感じて、そのころでは異例だったかもしない犬の葬儀を
することになりました。 お嫁に行った愛ちゃんも呼びました。
もちろん、 我が家も全員で列席しました。

タロー 優しい愛をありがとう! 深い愛をありがとう!

甘酸っぱく、 ちょっとセツナイ 愛の物語でした。。。。
[PR]
by ankaracat | 2008-02-14 09:04

久しぶりに活動開始 I day shop in  新百合ヶ丘

またまた、ご無沙汰してしまいました。

10月に写真クラブをやっている地区センターの文化祭があり、その準備でどっと目が
疲れ、 更新を明日、明日と延ばしているうちに早2ヶ月。 
カレンダーもあと2枚になってしまいました(汗 汗)

そんな中、新百合ヶ丘のレディーバグさんで、新百合ヶ丘のオリーブオイルのショップさん
と手作り作家さんたちと一日だけのお店を致しました。

c0052074_2140532.jpgc0052074_21411766.jpg










右はFOR YOUさんのアメリカ カリフォルニアの オリーブオイル パソリボのエキストラバージンオイルは「今 絞った」ような新鮮さ。 絶品でした!


c0052074_21475227.jpgc0052074_220414.jpg
















左:フラワーアレンジメントとレッスンをされているWild Berryさんはクリスマスリースとお正月のリースを出店。 手作りのドライフラワーで作ったリースはとってもナチュラルで素敵でした。
私もお正月のお飾りを購入。
そして、右は陶器のMさん:壁に掛けた花器がレディーバグの壁にしっくりと合ってるで
しょう!

c0052074_21533155.jpgc0052074_2201423.jpg


















左は手書きイラストのTシャツを作ってらっしゃるYさん。
果物、野菜、お魚など自然の物を描いて、Tシャツやカードにしています。
ナチュラルでとってもかわいい~。

右はトルコの手描きのタイル。 といえば 私でーす。
壁飾りにするとお部屋がとっても明るい雰囲気になりまーす。
Ankaracatのホームページで扱ってまーす(宣伝して すいませーん)

そして、美味しいクッキーを焼いてきて下さったゆっくりのんびりさんこのクッキーもやっぱりナチュラルで美味しくて、
写真を撮る前にあっという間になくなってしまいました。
お人柄がにじみ出ている、やさしくて癒される素敵なブログを書いてらっしゃいます。

やっぱり手作りのものや世界の素敵な物を扱ってる方々はとっても素敵!
こんな素敵な出会いをさせて頂いた「レディーバグ」さんに感謝♪
[PR]
by ankaracat | 2007-11-08 21:55

箱根 - 続き -

ー箱根2日目 美術館巡りー

箱根の仙石原には、沢山の美術館があります。
今回訪れたのは、湿生花園近くのラリック美術館 - フランスのアールヌーボー、アールデコの代表的なガラス工芸家 ルネ・ラリックの作品を展示しています。
こちらは岐阜の木材会社の社長さんの個人のコレクションらしいでが、素晴らしいです。

館内は撮影禁止でしたが、お庭に展示してあるこの古い車は撮影OK。
わかりにくいけど車の前についているのはガラスのトンボ(赤い枠の中)。
これもルネ・ラリックの作品です。 

昔のお金持ちは、車の前に飾る装飾品をお気に入りのアーティストにいくつも作らせて、
外出の目的によって付け替えたそうです。 当時の流行だったそうです。 優雅だわ~。
c0052074_14165441.jpg

レストランも併設していて、とっても優雅で贅沢なひとときを持つことができます。
c0052074_14251546.jpg

そして、もう一つ訪れたのは箱根ガラスの森美術館 - スワロフスキーのガラスの作品や製品がたくさん! キラキラ好きの方は必見。 入ってすぐの庭園のこれ、スワロフスキーの噴水です。
c0052074_14401224.jpg

そして、あちこちに、スワロフスキーのガラスの木が
c0052074_14421550.jpg

ガラスの葉の部分をアップすると、こんな感じ。 全てワイヤーとスワロフスキーで
作られているようです。
c0052074_1443280.jpg

そして、現代のガラスアート館。 こちらも幻想的で素敵でーす。
c0052074_1449359.jpg

本館では、常設のベネチアングラスの他、マリア・カラス 舞台を飾ったジュエル展をやっていました。  これ 素晴らしかったですー!
でも、残念ながら8/31日まででした。 各国の美術館で順にやってるそうです。
今はニューヨークあたりかな?

毛糸や布地が好きでキラキラ物にあまり興味のなかったankaracatも美しさに目を
奪われちゃいましたー。  実は私、キラキラが好きだったのかも~。



More おまけ 箱根グルメ
[PR]
by ankaracat | 2007-09-06 11:58

夏の仙石原

今年も私の大好きな箱根の仙石原湿原に来ました。 
c0052074_18503926.jpg

入り口付近は手入れをされた高原の植物園になっていますが、ちょっと奥の木道まで
進むと人も少なくなり、 シーーーンとした自然の静寂の中に身を置く事ができます。
遠~くの方から、かすかーな人の声が聞こえるだけ。

大自然の中に私一人。 そして大自然の暖かい懐に抱かれている感じがして
とても心地良~いのです。

仙石原湿原の花々は、派手じゃないけど、とても可憐で「ほっ」と和ませてくれます。

①ワレモコウ
c0052074_1856391.jpg

②サギソウ
c0052074_18562565.jpg

③カワラナデシコ
c0052074_18564080.jpg

④ツリガネニンジン
c0052074_1913047.jpg

??ヒネム(ラッコちゃんに名前を教えて頂きました。 ラッコちゃんありがとう!)
c0052074_19133439.jpg

⑥ハス
c0052074_1914298.jpg



一夏を美しく咲こうという健気さを感じるんだなー。
今年の猛暑を一瞬 忘れることが出来ました。

マクロレンズを持っていないので、最大限望遠にしてクローズアップレンズを付けて
撮ってみましたが、やっぱりボケまーす。  ボケボケ写真でゴメンナサイ!

今年こそ花の名前を完璧に記憶したつもりだったけど、私の記憶力はやっぱりいつも通り。
④はちょっと自信なし。 ⑤に至っては全く思い出せませーん。 
どなたか知っていたら教えて下さーい。 
[PR]
by ankaracat | 2007-08-28 18:59

夏の風物詩

夏の風物詩と言えば?  夏祭り、 花火、 風鈴、 入道雲、 海水浴、 ゆかた、 
カキ氷(特に抹茶あづきがいい)、ひまわり、 お盆の帰省ラッシュ。。。。 等など

私は特に風にのって匂ってくる稲の香りが好き。

あと、暑~い太陽に照らされた道路の先にゆらゆらと見える水溜りのような蜃気楼を見ると
夏 だ~ っと感じます。

皆様の夏を感じるとき、夏の風物詩ってなんでしょう?

夏の風物詩の一つ神奈川新聞社の花火大会が、「みなとみらい」でありました。
8000発の花火が夜空を彩ります。
ゆかたのお姉さまもいぱい!!

私たちは夜7時からなのに、昼間の3時に集合し、いざ大黒埠頭へ場所取りに。 
バスを乗り継ぎ、やっと到着。  ベイブリッジの真下に陣取りました。
c0052074_18502177.jpg


でもまだ5時pm  花火まで2時間もあります。
この日は刻一刻と変わる空が綺麗で時がたつのも忘れる程
c0052074_18514765.jpg

6:30pm 大黒埠頭に集まった人々も空がどんなに変わるんだろうっと期待感いっぱい。
c0052074_1854583.jpg

7時pm こんな色になりました。
c0052074_1853498.jpg

7:15pmいよいよ花火の始まりーー 
実は夕焼けに見とれて最初のスターマインは撮れませんでした。
c0052074_18555166.jpg

c0052074_18565386.jpg

c0052074_18572580.jpg


くらげ花火???  バルブでカメラを動かした結果  ついには花火がこんなに。。。。 
c0052074_1902262.jpg

バルブで露光間ズームをしたら、 花火の道路ができました。
c0052074_1904057.jpg


天候に恵まれ、最高の花火でした。 
こんな派手な花火もいいけど、線香花火もしたくなった欲張りなankracatでした。
[PR]
by ankaracat | 2007-08-10 18:58

夏の怪談 ではなく 階段です

写真倶楽部の7月のテーマが「階段」でした。

右脳の働きが悪い いやほとんど死滅してるのではないかと思う程、感性が鈍い私めは、
階段が写真になるのかいな? と思いました。

日本はどこに行っても普通のコンクリの階段ばかりで雰囲気のある階段なんて見当たらない 
いやー 探しました~ 

先生はいつも言うのです。 「花を撮るのではなく花で撮るんです。 だから階段を撮る
のではなく階段で撮る!」 

おっしゃっることは分かるのですが。。。。 いつも「花」を撮ってしまう私。

では、今までに見つけた階段を見て下さいませ~。

①ドリル?? 
c0052074_2374975.jpg

我が家の近くの畑の真ん中にそびえていました。 何回も通ったことのある道なのに、
今まで気がつかなかった。 
フェンスには「東京ガス」って書いてあったけど何故、畑の真ん中にあって何のための
階段なのか??

②横浜 元町 トワイライト
c0052074_2441467.jpg

元町の老舗フランス料理の霧笛楼のレストランへの階段です。
よく結婚式の2次会などに利用されているんだけど、この日は残念ながらだれも階段を
降りてくる人がいませんでした。

③摩天楼から地上へ
c0052074_2455043.jpg

ここはどこでしょう?  ニューヨークかな? でもエスカレーターの人々はみんな東洋人のようですね。  ここはみなとみらいのクイーンズ・スクウェアのエスカレーターでした。
この赤のエスカレター 摩天楼からではなく、多分1FからB2Fまでなんです。
でも建物3階分位を一気に昇降し圧巻です。

④おとぎの国への階段
c0052074_2465959.jpg

では最後に普通で落ち着いた階段を。
ご存知、新百合ヶ丘リリエンベルグへの階段でした。
ガラスの向こうでは沢山のパティシエの方がケーキを作っていました。
そして階段の上はショップで新鮮な季節のケーキが沢山。 
ここのガトーショコラ最高です!  生クリーム系のケーキでなければネットで
買えるようです。

はたして 「階段で」撮れたでしょうか   う~ん やっぱり「階段を」撮っちゃった。
[PR]
by ankaracat | 2007-08-05 02:47

糸 紡ぎに兆戦!

毛糸を作りを体験してきました。

キリム織りを始めてから、ずっと毛糸を自分で作ってみたいと思っていました。
キリムは新しいものより、オールドの方が高価なものが多いのですが、何で?と聞くと
古いものは、手で紡いで、草木染だからという説明を何度も聞いてきました。

じゃー昔の人はどうやって糸を紡いでいたんだろうと、気になっていたのです。

ついに、アナンダさんの吉祥寺のお店で体験してきましたー。

c0052074_23551446.jpg


 ↑ 原毛を洗ってすいて丸めたものです。
   この先の細いところを引き出して、糸を拠って紡ぎ車のボビンに巻いていきます。
   同じ太さに引き出してて巻きつけるのが難しい~!

c0052074_002366.jpg

 そして出来た毛糸がこれ。  150g位できました。
 太いところや細いところがいっぱいあって全然ダメ
 
アナンダさんのスタッフの方々はとても褒め上手。 「いろいろな太さになって、ごつごつ
してるのが、手紡ぎのいいところ 味があっていいですよ~」と言ってくれて、何だか
愛着が出てきました。

でも、これではまだ、キリムは織れないので、ざっくりとしたマフラーでも作ろうかなー♪

講習に参加した方々は、やっぱり織物好きで、やっているうちに、自分で作った糸で
作品を作りたくなったそうです。
 
「そのうち羊を飼いたくなるかも~」なんて冗談をいいながら紡いでいたら、朝10時から
3時までの一日講習もあっというま。

キリム教室では先生プロデュースの毛糸を買わなくてはいけない決まりなのです。 
その糸は機械紡ぎで、化学染料なの太~い糸なのです。
 
そんな糸で作るキリムに満足がいかなくなってきてしまった私は、いったい何処に行こう
としているのか、自分でもわからなくなってしまうこの頃ですが、キリムが織れるくらいの
糸を紡げるようになりたいし、セーターなんかも編みたいなー。
[PR]
by ankaracat | 2007-08-01 00:17

カルトナージュ4点

しばらく手作りの作品を紹介していませんでした。
マイペースで少しづつ作っていたんですよ。

今日は最近のカルトナージュの作品を4点見て下さーい。

①友人の出産祝いの為に作った赤ちゃん柄の布地のフォトスタンド。
c0052074_18352714.jpg

開くとこんな感じ   記念になるといいなー
c0052074_18361715.jpg


② 次は、自分で撮った写真をアコーディオンカレンダーに。 ジャバラになっていて
パラパラめくると1年分のお気に入りの写真がカレンダーに。

c0052074_18531576.jpg


c0052074_18371430.jpg










 ↑ これが出来た時は、なんだか嬉しくて用もないのに、暇さえあれば、カレンダーを
    めくっていました。


③はい 次は 「出来る女?の お洒落なバインダー」 A4サイズの書類が入ります。
人と違うお洒落なバインダーで、差をつけよう

内側は皮のように見えるイタリア製の紙「スキバルテックス」で高級感を。

c0052074_1857674.jpg


c0052074_18391549.jpg













④そして、リモコン入れ  今までバラバラに置いていて、 いつもリモコンを探して
  いました。  お洒落な入れ物でそれも解決しました。 
c0052074_18403744.jpg



①、③、④は新百合ヶ丘の「レディーバグ」でのTS先生の教室で作成

②は塔子の日記の塔子さんも行かれたLivingroom cafeのtoko先生の写真のワークショップ
にて作成
[PR]
by ankaracat | 2007-07-17 18:47