キリム、カルトナージュ作品展

先月のキリム展、カルトナージュ展は、とても盛況のうち無事終わりました。

↓ 約100枚程のキリム作品が並んだ様子は、壮観でした。
  通りかかった人は、この色の洪水に誘われて入ってきてしまうようです。
  約600人位の方が見に来て下さいました。
c0052074_16571048.jpg

↓ 同じ柄でも織る人の色選びで、全然違う雰囲気がでるのがとても面白い。
c0052074_17124634.jpg


↓ カルトーナージュの体験会で作った、クリスマスプリントの小箱。
  中は赤いドットプリントで、開けるたびに楽しくなりそうな箱。
  ふたは壁掛けにもなるのです。
  
c0052074_170508.jpg


体験会にも、たくさんの人が来て、先生は大忙し!

今、日本は手作りブームが再来のように思えます。

展示会に見えた、おばあちゃまは、昭和30年代にオリンパスという手芸用品会社で
手編み講師をしていたそうです。
  「昭和30年代~40年代は、レース編みや、手編みがはやって、どこのデパートにも
  毛糸や手芸コーナーがあった。 でもその後ブームは去り、デパートに入ることが
  出来なくなり、私も職を失ったんですよ。」

熱心に見て下さっていた初老の紳士。 声をかけると、なんと この方は、
新潟の十日町などの織り機を作っていたとのこと。 
  「今は、そん機織を使って織る人はいないよ。」  

うーん 歴史を感じました。 展示会でこんな話を聞くことが出来るのも、ひとつの楽しみ。


ブームって去るけど、いいものは形をかえて、続くものですね。

先日、高島屋に行ってビックリ!
かなり広い毛糸屋さんのコーナーが出来ていて、そこには手作り体験コーナーが
出来、みんな一生懸命、作っていました。

私もそうだけど、 手作りの暖かみを求めているのかな?

               ☆☆☆☆☆☆☆

私のキリムの展示会も近づいて来たので、お知らせします。

展示会の間 「あたたかみのある生活」を一時的に「キリムのある生活」に
変更させてくださいね。

「トルコ キリム・シルクロードからの贈り物展」を開催します。


場所:ギャラリー オオノ  横浜元町商店街(シルバーオオノの裏手 早川沿い) 

日時:12/19 ~ 12/24  10:30~18:00(最終日は16:30)

トルコの昔ながらの、キリムを復活させようという試みの流れを組む美しいキリムです。

山手散策、元町ショッピングに疲れたら、トルコの暖か~い アップルティーを
飲みに来て下さい。
[PR]
by ankaracat | 2006-12-14 17:26
<< キリム展 終わりました~ 山手 元町 みなとみらい >>