キリム

やっと本来のキリムのご紹介ができます。
HKから友人が帰国しキリムを見たいということで、これまた友人の知り合い
の、南青山の青学近くにあるキリムハウス行ってきました。
トルコ人オーナーのハーカンさんとキリム談義に花が咲き、友人も迷いに迷い
気がつくとなんと外は真っ暗 7時! 4時間もお店にいたのでした。 
では少々キリムの紹介を。

c0052074_23472482.jpg左のキリムはカイセリと言って一番オーソドックスで単純な模様、キリム織りの初心者もまずはこのような柄を練習します。 キリムらしい柄と買いやすいお値段で、初めてキリムを購入する方には良いと思います。





下のキリムは60年くらい前の物。 地中海に近いところの遊牧民が、自分たち
の荷物移動のための袋として織ったもの。袋の後ろ部分を外して、マットや
壁掛けに加工したオールドキリムです。 柄も細かく、色合いもとっても素敵
です。 袋だったので小さめで、日本の家屋で使いやすいと思います。
少し斜めですが、気にならなければ、お買い得。 オールド購入1枚目には
良いと思います。 友人はこれを お買い上げでした。

c0052074_23501853.jpg


c0052074_021598.jpg
そして絨毯を持っているのはハーカンさん。 これは100年以上も前に織られたアンティーク。 糸が細く、柄も細かいです。100年以上前とは思えない程色がしっかりと出ていてなおかつ、いい風合いが出ています。 素晴らしい!! このようなものは通常トルコ国外には出ないものです。 どんな人が、織ったのだろうと、想像したくなります。 ご家族、親戚 総勢でキリムに関わる仕事をしているからこそ、見つけられるキリムです。 お値段も100万円以上。


c0052074_0135469.jpg結局その日は、そのままお店を閉めて、ハーカンさんお勧めの井の頭線の脇道にある、「アンカラ」というトルコ料理レストランへ。ワインはアンカラの「アンゴラ」。 私のイメージしているネコのマークがついていました。 トルコのパン、トマトノのスープ、ドネルケバブなど頂きましたが、とっても美味しゅうございました!♪。 
 
[PR]
by Ankaracat | 2005-05-05 00:41 | キリム
<< Yokohama Night 手作りに目覚める! Ⅱ >>